御朱印・御城印

犬山城の御城印(御朱印)をご紹介【2020年最新】場所が移転!オリジナル御城印帳もあり!

犬山城の御城印

最近人気の「御城印」ですが、我らが犬山城にもあるんです!

特に御城印は通販などでは入手できず、この地を訪れた人だけが買えるので、犬山観光の記念に、とても人気があるようです!

しかし、この御城印を購入できる場所がなかなかトリッキーなんです!

  • 犬山城内では買えない【少し離れた犬山城前観光案内所にて】
  • その案内所も2020年に移転し、場所もあまり目立たない

お出かけの前に、御城印が入手できる場所をしっかりとチェックされることをオススメします!

この記事では、

  • 犬山城の御城印
  • 最近発売した犬山城オリジナルの御城印帳
  • 犬山城の御城印が購入できる最新の場所

についてたくさんの写真付きでご紹介します。

犬山城の御城印(御朱印)をご紹介

犬山城御城印(御朱印)

こちらが犬山城の御城印です。平成から令和に変わるタイミングで令和元年5月1日から販売されています。

大きく「国宝犬山城」と書かれていて、その背景には犬山城にゆかりのある武将の家紋が印刷されています。

用紙はユネスコ無形文化遺産の美濃和紙が使われていて、美濃和紙には金箔も混ざっていて、豪華で味のある印象です。

(文字や印鑑はすべて印刷です。)

それぞれの家紋を見てみましょう!

犬山城御城印(御朱印)

↑こちらは織田信長の家紋です。

織田信長

犬山城は1537年に信長の叔父・信康によって創建され、1565年に信康の子・信清は従弟にあたる信長に犬山城を奪い取られ、信長の家臣で乳兄弟にあたる池田恒興が城主になりました。

犬山城御城印(御朱印)

↑こちらは豊臣秀吉の家紋です。

1584年には秀吉対徳川家康と信長の次男・信雄との間で「小牧・長久手の戦い」がはじまりました。

当時の犬山城は信雄の家臣・中川定成でしたが伊勢出兵のため不在であったため、信長の死後に、秀吉の家臣となった池田恒興が木曽川をわたり奪い取り、犬山城は秀吉軍の本拠地となりました。

犬山城御城印(御朱印)

↑こちらは徳川家康の家紋です。

1600年の関ヶ原の合戦で、犬山城は西軍側(石田三成軍)の前線基地でしたが、前哨戦で東軍(徳川家康軍)に攻略されました。

関ヶ原の合戦後は、徳川家の支配下になりました。

犬山城御城印(御朱印)

↑こちらは成瀬正成の家紋です。

1617年に家康の側近・成瀬正成が2代将軍・秀忠より犬山城を拝領し、代々成瀬家が城主を務めました。明治時代には県の所有になったものの、1891年の濃尾震災で天守も被害を受け、県では修理ができなかったため、成瀬家に修理を条件に譲渡され、2004年に財団法人犬山城白帝文庫に移管するまで、日本で唯一の個人所有の城として知られてきました。

ヨーロッパなどでは、個人所有のお城がたくさんありますが、犬山城もつい最近まで個人が所有していたんですね!

なんだか、ロマンを感じます!

犬山城限定の御城印帳も発売【2020年6月】

犬山城の御城印帳

犬山城オリジナルの御城印帳も2020年6月に発売されました!

  • 犬山城のオリジナルのデザイン
  • 1冊2400円
  • 御城印を収納しやすいポケットタイプ
  • オンライン通販も可能!

現地でお求めの方は、御城印と同じ場所で販売していますので、合わせてGETしてみてください。

↓こちらの記事で詳しくご紹介しています。

犬山城の御城印帳
犬山城限定の御城印帳が発売【2020年6月】通販もあり!ポケットタイプの中身をご紹介最近ブームの御城印ですが、ついに犬山城限定の御城印帳が2020年6月に新発売しました。 御城印には嬉しいポケットタイプで、遠方の方...

犬山城の御城印(御朱印)の場所と購入方法【2020年移転】

犬山城の御城印の袋

御城印を購入すると、このような紙の袋に入った御城印をいただけます。

でも、これではカバンの中でぐちゃぐちゃになってしまう可能性もあります…。

ノートや手帳に挟むために事前に準備したり、御城印と合わせて犬山城オリジナルの御城印帳も購入するのもいいですね!

また、御城印に日付を記入する箇所がありますが、これはセルフサービスです。

(普段は観光案内所内にペンが用意されているようですが、6月現在はコロナの影響で貸し出しはしていません。)

犬山城の御城印の料金

犬山城の御城印の料金はこちらです。

御城印 300円
御城印帳 2400円

犬山城の御城印の購入場所

犬山城前観光案内所

犬山城の御城印をいただける場所は「犬山城前観光案内所」です。

この案内所は2020年3月にリニューアルし、犬山城第1駐車場内に移転しましたので、ご注意ください。

また、「犬山城前」と言っても真ん前にあるわけではなく、犬山城から坂をずっと下りて、少し奥まった場所にありますので、場所をしっかりとチェックしてお出かけになることをオススメします。

犬山城前観光案内所の詳しい場所を知りたい方はこちらの記事で↓

犬山城前観光案内所がリニューアル
犬山城前観光案内所がリニューアルで場所が移転【2020年最新】犬山城御城印もここで購入できます犬山城前観光案内所が2020年3月にリニューアルして、移転しました!犬山城の御城印はここでしか取り扱っていないので、忘れずに立ち寄りましょう!移転した場所がまた分かりにくいのが難点ですが…アクセスルートを写真付きでご説明します。...

御城印は、犬山城内やチケット売り場では販売していませんので、ご注意ください。

名称 犬山城前観光案内所
住所 犬山市犬山北古券12-17(犬山城第1駐車場内)
営業時間 9:00-17:00
休業日 12/29-31
駐車場 あり(有料)
アクセス 名鉄「犬山駅」から徒歩15分、「犬山遊園駅」から徒歩15分

犬山城の御城印(御朱印)|まとめ

犬山城に訪れたら、記念に買って帰りたい犬山城の御城印。

最近はブームになっているようで、いろんなお城を巡りながら、御城印を集めるのも楽しそうですね!

(私も過去にたくさんお城めぐりをしてきましたが、その頃から御城印があれば、今頃たくさん集まってたな…笑)